親子での金銭の貸し借りについての詳細

親子での金銭の貸し借りについて

"私は別にいいと思います。
まぁ、内容にもよるんですけどね。

家を建てたいから少しばかり親から借りるや、進学したいから親からお金を借りるなどのようなことだったら
私は貸しますし、借りたいと思います。
だけど、進学する場合は、きちんとその学校に入学して、将来性があるかどうかなどを
考えた上で貸しますね。

ですが、もし、新しい会社を自分(友人と)で立ち上げたいと言って、お金を借りるのは
少しばかり、リスクが高い気がして、財布の紐を緩め難いです。

別に友人のことを疑っているわけではないけど、ほんとに成功するのかなど、
たくさんの不安や欠点が出てきて最終的には貸してしまいそうにありませんね。
きちんと、明確に計画がされて、親にもその説明をしっかりして、会社をやっていく
志があるかどうか見極めてから決めますね。

それに、きちんとした親子関係も必要で、親子間でしっかりと信頼関係が構築されているかどうか
なども問題になってきますね。
信頼関係があるからこそ、お金を貸せるんであって、そこに信頼関係がなければ、
最悪、持ち逃げなどされたら親子関係もそこで終わりですよね。

親にお金を貸せるぐらいの財があるかどうかも問題ですけど(笑)

子は親に頼るのが当たり前のことだし、親もその頼りに応えるのも必要だと思います。
だからその分、子供は結果を出さなきゃいけないんですよね。

お金を借りることは親にも言いにくいことだと思います。
だけど、しっかりと自分の意思を伝え、結果につなげることが大切だと思います。


"