シングルマザーがお金を借りる

お金が無いシングルマザーの方へ

シングルマザーがお金に困るケースは決して少なくありません。生活費は当然として、子供の養育費も加わってくるので、お金が苦しいです。そんなシングルマザーの方が安心して借りることが出来るキャッシング会社はどこなのか?人気のキャッシングサイトをご紹介しています。

「シングルマザーの方」がお金を借りる為の方法

現在日本におけるシングルマザーの方の数は年々増加傾向にあります。平成22年の段階で既に108万人を突破し、それ以降も更にその数を大きく伸ばしているといわれています。

その原因としては死別の場合で約7.5%、最も多い離婚の場合で80.8%(※厚生労働省による平成26年度の母子家庭の母及び父子家庭の父の自立支援施策の実施状況より)とされており、残りの11.7%に関しては未婚と推察する事が出来ます。

最新のデータとして平成27年度の厚生労働省による人口動態統計の年間推計によると、この年の離婚件数は22万5000組で離婚率は1.80(人口千対)と推計されています。

このように原因はいくつかありますが、いずれにしてもシングルマザーとしての生活を余儀なくされている方が、非常に多いという事がお分かりいただけた事と思います。

現代の世の中は一般的な共働き夫婦による家族構成においても、育児や病気、介護等のあらゆる生活にかかる資金の圧迫により、生活を維持するのが大変だといわれている中で、女性が一人で全てを担いながら子育てをしていくのは非常に困難である事は容易に想像する事が出来るといえるでしょう。

このような状況の中、どうしても生活資金が足りない、貯金も滞っていてどうにもならない……等シングルマザーの方が抱える問題において良い手立てとなる事を願いながら、今回は「シングルマザーの方」がお金を借りる為の方法について調査していきたいと思います。

シングルマザーの方が利用できるお金を借りる機関や制度

シングルマザーの方は日頃から大きな負担を背負いながら生活している場合がほとんどです。まずは頼れる親族がいる場合には、一人で抱え込まずに相談してみる事をお勧めいたします。資金だけでなく精神的にも支えが必要といえるでしょう。

母子寡婦福祉資金貸付金

母子家庭の母子や寡婦、つまりシングルマザーの方が生活資金に困った場合に利用出来る公的基金として「母子寡婦福祉資金貸付金」という制度があります。

これは就労・修学・住宅・転居・医療・介護・事業等の様々な生活資金が必要となった時に、都道府県や各自治体等から貸付けを受ける事が出来る資金の総称で、その用途により様々な名称があります。(※受け取る都道府県等により若干呼び名等が異なる場合があります)

実際に利用する際、連帯保証人が必要といったデメリットはありますが、保証人がいる場合には「無利子」で借りる事が出来ます。(※連帯保証人が立てられない場合は超低金利ですが、若干の利子が設定されており、利用する機関により多少異なります)

更に手続きに手間がかかり、開始までに時間がかかるといったデメリットがありますが、返済の際に一定の据え置き期間が設けられているなど使いやすいメリットもあります。生活資金に困った際には、まずは一度お住まいの市町村窓口にお問い合わせしてみる事をお勧めいたします。

保険の契約者貸付制度

普段掛け金を支払っている保険会社の制度に「契約者貸付制度」があります。これは解約払戻金の範囲内で自由に借りる事が出来る制度です。利子が発生する事や限度額を超えないようにする等の注意点はありますが、比較的自由に借りる事が出来る為便利といえるでしょう。

キャッシング・カードローン

どうしても普段の生活資金が必要になった場合に、消費者金融や銀行系の「キャッシング」や「カードローン」を利用する方法があります。

養育費や生活保護等の利用により就業していない場合には利用は出来ませんが、一定の収入のある方であれば利用する事が出来ます。

詳細や条件等は利用機関により様々ですが、過去に信用情報等にトラブルのない方であれば審査を受ける事が出来ます。計画的に利用する事で資金不足の問題解決に役立つといえるでしょう。

シングルマザーの方がお金を借りるのに多い理由

シングルマザーの方が日常生活を送る中で、どの様な場面で生活資金が必要となるのかについて見ていきたいと思います。

・病気やけがの治療で生活費が不足する場合。
・子供の教育費が不足する場合。
・失業や休職等で生活資金が不足する場合。
・冠婚葬祭等で急な出費がかさんだ場合。
・転居費用が必要となる場合。

一般的には以上のようなケースが挙げられますが、日々生活していると思いもよらない出費に見舞われる事は多々あります。一人親としてすべてを担っているシングルマザーの方が資金不足に困るケースは、これ以外にも様々なケースがあるといえるでしょう。

生活保護の状態でも消費者金融でお金を借りる事は可能なのか?

シングルマザーの方が生活保護の状態にある場合、消費者金融のキャッシングを利用する事はほぼ不可能といえるでしょう。

現在消費者金融では「貸金業法」による総量規制の法律に基づく運営である為、貸出金は収入の3分の1までと決められています。

その為安定した収入がある事が大前提となり、生活保護を受けなければ生活出来ない状態にある場合に審査が通過する確率は極めて低いといえるでしょう。

また基本的に生活保護の資金をキャッシングの返済に充てる事や、虚偽の申請は禁じられている為、どうしてもキャッシングの利用を検討したい場合には生活保護を受けないようにするより他に方法はないといえるでしょう。

現在はアルバイトやパートであっても一定の収入があれば利用出来る為、やむを得ずキャッシングやカードローンを検討する場合には、生活保護ではなく就業により生活をしていく事が必要といえるでしょう。

シングルマザーの方がお金を借りる相談をするならどこがいい?

シングルマザーの方がお金を借りる場合の相談先として最もよいのは、やはり身近にいる親族の方といえるでしょう。

日々の生活に心配のある母子家庭では、民間の機関による借金を重ねる事は非常に危険と考えられます。まずは身近に相談出来る方を頼る事をお勧めいたします。

それ以外の相談先としてお勧めなのは、自身の住まいがある市町村の窓口です。公的基金の中には様々なサポート体制があります。

それまで知らなかったような利用方法がある事も十分に考えられる為、まずはどういった状態であるのかを詳しく相談してみる事をお勧めいたします。

この他の相談先として、専門のソーシャルワーカーへのご相談をお勧めいたします。知らなかった専門分野について知る事が出来、良い解決策が見つかる可能性があるといえるでしょう。

とにかく困った時に一人で抱え込む事は非常に危険です。誰かに相談する事で、新たな道を知るきっかけとなるかもしれません。

シングルマザーの方にお勧めのカードローン

シングルマザーの方であっても一定の収入のある方であれば、様々な金融機関のキャッシングやカードローンを利用する事が出来ます。お勧めのポイントごとに見ていきたいと思います。

一時的な資金不足の場合

一時的な不足ですぐに返済出来る場合であれば、消費者金融のキャッシングがお勧めです。大変スピーディーな審査と、即日対応、来店不要や30日間の無利息キャンペーンを実施しているなど、初めての方にも利用しやすくなっています。また短期の返済により無駄な利子の支払いを続ける事がない為、計画が立てやすいといったメリットがあります。具体的には、「アコム」「プロミス」「アイフル」「レイク」等です。

長期的な資金不足の場合

断続的に資金が不足している場合や、まとまった金額が必要な場合には銀行系のカードローンがお勧めです。

消費者金融と比較すると審査が厳しいといったデメリットはありますが、その分低めの金利で借りる事が出来ます。また長期の返済は危険も伴いますが上手に利用する事で毎月の返済額を抑える事が出来るなどメリットも豊富です。

是非一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。具体的には、「三菱東京UFJ銀行カードローン」「三井住友銀行カードローン」「みずほ銀行カードローン」「りそなプレミアムカードローン」「オリックス銀行カードローン」「イオン銀行カードローン」「じぶん銀行カードローン」「横浜銀行カードローン」等多種多様です。

それぞれ使い方や内容が少しずつ異なる為、詳しい詳細を確認し、自分に合ったカードローンを選択する事をお勧めいたします。

シングルマザーの方がお金を借りる上での注意点

これまで「シングルマザーの方」がお金を借りる為の情報についていろいろと触れてきましたが、最後に実際お金を借りる上での注意点について見ていきたいと思います。

まずは公的機関制度の中に利用出来る物がないかどうかをチェックする事が大切です。日本の福祉制度の中には、一人親に対する資金の援助体制が沢山あります。

例として「児童手当」「児童扶養手当」「児童育成手当」「特別児童扶養手当」「遺族年金」「母子家庭・父子家庭の住宅手当」「ひとり親家庭等医療費助成制度」「生活保護」「所得税・住民税の減免制度」「国民年金・国民健康保険の免除」「非課税貯蓄制度」「乳幼児や義務教育就学児の医療費助成」「保育料の免除と減額」「上下水道の減免制度」「交通機関の割引制度」「粗大ごみ等の処理手数料減免制度」等があります。

一般的に多くの人が知っている項目から、まったく聞いた事のなかったようなものまで、助成金・減免制度の数は実に多い事がお分かりいただけるでしょう。これらの項目にまだ申請していない制度がないかどうか確認し、利用出来る制度を賢く利用する事で、問題解決出来る可能性もあるといえるでしょう。

キャッシングやカードローンは全て借金です。最近では随分一般的にも浸透し借りやすいと評判ですが、返済が滞れば信用情報にも記載される等、注意する点も沢山あります。また無計画な利用は借金生活に陥る危険が溢れています。ご利用を検討する場合には、あまり高額にならない事、早めの返済を心掛ける等くれぐれも慎重になる事が大切です。

まとめ

以上が「シングルマザーの方がお金を借りる為の方法」についての調査結果でした。誰でも初めから大変な道を望む方はいません。

何らかの事情により「シングルマザー」としての道を歩まざるを得ないのです。一人で育児や仕事、家庭生活のすべてを担うのは本当に大変な事です。

一生懸命頑張っていても思い通りにいかない事が沢山ある事でしょう。特に生活して行く上でお金の問題は常についてくる最も大きな問題です。様々な社会の仕組みを利用しながら、明るい明日を願ってやみません。

最新のエントリー一覧

消費者金融はちょっとイメージ悪いかな、銀行カードローンのほうがいい
消費者金融というと最近はCMの影響などもありそんなに悪いイメージのところはありま...

今現在お金に困ってます
"お金に困った経験と言えば、今かなと思います。 学生の頃は自分もバイトしていたし...